上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18歳の時に、カップラーメンの工場でバイトをしたことがある。


夜10時から、朝の6時までのライン作業。
日給、1万2千円。

1列6個ほどのカップ麺が左から右へ、音もなく
高速で流れていく。蓋の無いカップラーメンの上に
カヤク、スープ、ソース等が次々に投入され


センサーが投入状況を確認して
投入に失敗するとアラームが鳴り
人間が乱雑に投入されたカヤク、スープを直す。


1秒2個ほどのペースで、カップラーメンをポコポコ
ポコポコポコポコ叩きながら、ひたすら6時を待つ。


カップラーメンはひたすら左から右へ流れて
人間はそこに留まりポコポコ叩く。


カップラーメンは嫌いでないけど、
ひたすら左から右へ
カップラーメンを眺めるのは苦痛だ。


人間には変化が必要だ。


何事も経験は大事だし
そのバイトをしたおかげで

動かない物を眺めるのが好きなことに気付いた。


人間には変化が必要だ。

どんどん変わっていっていい。
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://udetate100kai.blog10.fc2.com/tb.php/10-22e86d10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。